2010コンサート of 一般社団法人 音楽セラピー樹音

DSC02213.JPG

第29回おびひろ市民芸術祭

ほほえみコンサート~やさしい心をおみやげに~

2010年4月25日帯広市民文化ホール・小ホール

プログラム

 はじまりのことば
Ⅰ部 <ヘルマンハープ>
 1.きらきら星、フーガ
 2.テル―の唄、涙そうそう
 3.愛の挨拶、早春賦、大きな古時計、千の風になって
 ✻うたあそびとおはなし
Ⅱ部 <ハンドベル・手作り楽器等>
 ドレミのうた、小鳥のうた、かえるのうた、うみ、おもちゃのチャチャチャ、崖の上のポニョ
Ⅲ部 <トーンチャイム・ヘルマンハープ>
 1.風の丘、世界の約束
 2.G線上のアリア
 3.アヴェマリア&プレリュード
 4.絵本

ほほえみコンサートは「やさしい心をおみやげに」をテーマに作り上げました。
障がいのある方、健常の方が共に助け合い、認め合いながら、練習を顔晴(頑張)ってきました。

アンケート

コンサートに向けて

  • すごくきんちょうします。練習ではまちがうこともありましたがみんなで協力してだんけつできたと思います。ハンドベルはけっこう前からやっていたので心配はないと思います。けどハンドベルをたおすかもしれないのでそこはおおめに見て下さい。【女の子(12歳)】
  • みんなとうまく合わせられないと、当初は泣いていたことがありましたが、今は合わせることの楽しさ、うれしさを感じ、自信もついてきました。仲間で作る音楽の楽しさをいっぱい感じることができるコンサートになると思います。【男の子(小4)母】
  • 毎週ジュネに通うことを楽しみにしています。ちょっと失敗することがあっても色々な楽器や身体を使って楽しんでいる様子が、今日のほほえみコンサートで表現できれば良いと思います。【女の子(小4)母】
  • お友達と一緒に音楽を通して色々なことを吸収しました。みんなと呼吸を合わせて一つのことをやりとげる楽しさを学びました。【女の子(7歳)母】

コンサートに参加して

  • みんなで、心をひとつにして演奏できた。先生にもお母さんにもほめられてよかった。たくさんの人にきてもらえてよかったです。また来年もやりたいです。【女の子(小5)】
  • 子どもと一緒に参加する事ができてほんとよかったです。皆で合わせる難しさや合ったときの気持ちよさ、手作り感があたたかく大人になってステージに立つとは夢にも思っていませんでした。いい思い出になりました。ありがとうございました。【女の子(6歳)母】
  • 子どもたちののびのびした自然な様子がとても良かったと思います。リハーサルでは、のびのびしすぎ(?)な子ども達に「明日本番だよね?」と確認したくもなりましたが、当日は”ちょっとよそゆき”の顔とあいまって、もしかしたら実力以上の発揮できていたのでは・・・。絵本の読み聞かせでは、会場中が耳をかたむけていたと思うのですが、樹子ちゃんの素朴な朗読がお話をひき立てていたと思います。素直な気持ちを少し分けてもらえたような気がします。ありがとう。【女の子(小5)母】

ご来場者様から

  • 「音楽」は人の心を和ませ、あたたかくするものだとこのコンサートに来て感じました。ありがとうございます。みなさんとても素晴らしかったです。もっともっと地域の方に知ってもらうとよいと思います。入場料無料じゃなくても良いですよ!【匿名】
  • みんあ一生懸命笑顔もいっぱい。いつもならもっと出来ていたことも今日は大変。音の世界は身体に心の奥底に沁みわたり不可能だったことも可能にしてくれるのでしょう。初めてヘルマンハープ・トーンチャイムに出逢いました。手作り楽器も素敵でした。このいい音色で今日は良い夢を見れそうです。【男性(70歳)】
  • 今日初めて来てみました。手作りの音楽いいですね。私は思いますいつも障がいを持っているからこそ5感がありだから、心のすみきった音が奏でられると思ってます。音楽はゲートがないです。今日は本当にありがとう。これからもガンバッテネ。【匿名】

樹音.jpg
DSC_0084.JPGDSC_0096.JPGDSC_0100.JPG
DSC_0113.JPGDSC_0119.JPGDSC_0128.JPG
DSC_0132.JPGDSC_0142.JPGDSC_0154.JPG
DSC_0158.JPGDSC_0163.JPGDSC_0166.JPG
DSC_0169.JPGDSC_0190.JPGDSC_0198.JPG